スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

片腕マシンガール

いや~。。
3月は忙しかったぞ。
もちろん仕事ですが、定時にお疲れ出来たのはわずか3回。。。
その反動からか、無性に映画が観たくなり借りて来たのは以前から観たかった

left_news.jpg
『片腕マシンガール』2007年 日本
監督・井口昇

忍者服部半蔵の子孫であるというヤクザの息子、木村翔をリーダーとするいじめグループによって弟である日向ユウを殺された女子高生日向アミが復讐に挑む。弟の殺害を隠そうとした翔の舎弟とその両親に復讐を果たすなどいじめグループを追いつめて行くアミであったが、いわゆるモンスターペアレンツと呼ばれる木村の両親に左腕を天ぷら油で揚げられるなどの拷問をうけ、火傷を負ったうえに左腕を失ってしまう。アミは同様にいじめによって息子を失った若い夫婦の杉原スグル、ミキ夫妻に助けられ、その自動車修理工場で腕にマシンガンを装着される。襲ってくる忍者たちによって、修理工の夫は殺されるが、ミキとアミはマシンガンをかかえて再び復讐に立ち上がる。

簡単に説明すると「キルビル」と「プラネットテラー」を足して二で割った物を、チープにした感じです。
天ぷら、すし、忍者、ヤクザ、指詰め、と日本テースト満載ですが、基本グロイです。。。
この映画海外向けに作られた作品らしく、日本ではロードショー公開はなく、レイトショーやミニシアターでの公開だったようです。
予告編海外版
最初の5分どうぞ!

オススメ度 タランティーノ好きなら★★★★★


この監督の新作に
『ロボ芸者』
というのがありますがこっちはかなりスゴそうだ。。。
予告編(海外版)





スポンサーサイト

  1. 2010-04-02(Fri) 01:35:30|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

マイケル。

映画「THIS IS IT」が2週間の限定公開から延長されましたね。
実は今週頭に嫁と見に行こうかと相談してたんですが、結構混んでるらしいという噂を聞いてたんで、日を改めて行こうかと企んでます。

他に、現在公開中の「沈まぬ太陽」もスゴく観に行きたいんだよね。。。


  1. 2009-11-07(Sat) 23:35:33|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

映画っていいもんですね。

face.jpg

水野晴郎さんがなくなりました。
76歳だったそうです。
鋭い方ならもうお気付きでしょう。

「シベ超は? 山下将軍は?」

そう。シベ超がもう見られない!
うぅ。。。
だれか後を引き継ぎ、続きを作ってくれないかな?
よし!
週末は「山下将軍追悼 シベ超パーティー」だ!
謹んでご冥福をお祈り致します。
siberia1_title.gif

siberia2_title.gif

siberia3_title.gif



  1. 2008-06-14(Sat) 02:39:50|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 6

アメリカンニューシネマについて多いに語ってみる。

先日古い「Lightning」誌を漁っていた所

『70s'up! 1970年代こそポストヴィンテージ!』

という特集のを見つけた。
その中で「アメリカンニューシネマ」(60s'後半~70s'にかけて作られた映画をこう呼ぶらしい)のページがあり、そこに面白そうな映画がフィーチャーされていたので早速借りて観てみた。

・VANISHING POINT・
VP.jpg

1971 アメリカ
出演: バリー・ニューマン, クリーヴォン・リトル, ディーン・ジャガー, ポール・コスロ
監督: リチャード・C・サラフィアン
デンバーからサンフランシスコまで'70年式ダッヂチャレンジャーを15時間以内に陸送するというクレイジーな話。
screen2.jpg
デンバーからシスコ迄。ざっと見て1500kmは軽くありそうな。。。。
POLICEの包囲網をくぐり抜け、砂漠だろうと何だろうとチャレンジャーが走りまくってます。
200px-1970_Dodge_Challenger_RT.jpg
70年式チャレンジャー・主人公コワルスキーが乗っていたのは最高グレードのR/T!
映像でR/Tのエンブレムがアップで出てくるのは、やはり最高グレードを意識してか?
出てくる小物や車やバイクや時代背景(新興宗教の共同生活etc…)等々全てが70s'!
ゴロー的に印象に残ってたのは、マッパの女の子がCL350?らしきバイクで野山を駆け巡るシーン。
う~ん自由すぎる。。。。
因に「VANISHING POINT」とは「消滅点」という意味。
果たしてコワルスキーの運命は?………
因にPrimal Scleamのアルバム「VANISHING POINT」はこの映画にインスパイアされたらしい。

・DIRTY MARY CRAZY LARRY・
DMCL.jpg
1974 アメリカ
出演: ピーター・フォンダ, スーザン・ジョージ, アダム・ローク
監督: ジョン・ホッフ
レーサーのラリーとメカニックのディークが15万ドルを強奪、行きずりのメリーも乗せての大逃走劇!
こちらは69年式ダッジチャージャーが走ってます。
250px-Dodge-Charger-coupe.jpg
Dodge-Charger RTです。密かにゴローの欲しい車の中の1台。。
ってエラそうに書きましたが、どこのレンタル店にも置いてないんでまだ観てません。。。
今度買っちゃおうかな。。。

・断絶(two-lane blacktop)・
TLBT.jpg
1971 アメリカ
出演: ジェイムズ・テイラー, ウォーレン・オーツ, ローリー・バード, デニス・ウィルソン, ハリー・ディーン・スタントン
監督: モンテ・ヘルマン
55年式シボレーに乗るドライバーとメカニック、ヒッチハイカーのガール、ポンティアックGTOに乗るビジネスマンのロードムービー。
こちらもまだ観てないので何とも言えませんが内容的には?な映画らしい。
機会があったら観てみましょう。

他にも
・イージーライダー(1969)
 今更説明不要ですね。
・俺達に明日はない(1967)
 ご存知「ボニー&クライド」!
 アメリカンニューシネマ1号作品(と呼ばれてる)アカデミー助演女優、撮影賞受賞。
・カッコーの巣の上で(1975)
 J・ニコルソンの怪演が光ってます!まずは観てみて!損はさせません!
・タクシードライバー(1976)
 若き日のジョディー・フォスターが出演。この作品がアメリカンニューシネマ最後の
 作品となる。

番外で
・バニシングin60(1974)
 60セカンズ(ニコラスケイジ主演)がリメイクしましたね。
 ゴローはオリジナルの方が断然好きです!

ニューシネマと言われる作品は、反体制的な人物(若者であることが多い)が体制に敢然と闘いを挑む、もしくは刹那的な出来事に情熱を傾けるなどするのだが、最後には体制側に圧殺されるか、あるいは個人の無力さを思い知らされ、幕を閉じるものが多い。
(Wikipediaより)

決してハッピーエンドではありませんが、散る間際の花のように、燃え尽きる前の花火のように、駆け抜けて行く主人公達の生き様を描いたアメリカンニューシネマ。
ゴロー的には70年代の車とか小物とかそっちが気になるのだが……
でも名作と呼ばれる物が多いので、少し腰を据えて観てみようかな。

 






  1. 2008-05-13(Tue) 00:00:33|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

空飛ぶギロチン

カンフー映画はお好きでしょうか?
ゴローは大好きです。
かれこれ30年近く見続けてます。
そんなゴローの心を打ったカンフー映画の一つが発売されているのを発見しました。
dragon1.jpg

・片腕ドラゴン(1971 台湾)
すごくすごく前に深夜にふとつけたTVでやってたんです。
内容はほとんど覚えていませんが、あまりのチープさにいたく感動し、その後あちこちのビデオ屋を大捜索するも発見出来ず。。
しかしその翌週?位の深夜、同じ様なカンフー映画がやってるじゃないですか!
kataude.jpg

・片腕カンフーと空飛ぶギロチン(1975 台湾)
この映画、各方面でオマージュされてるらしく、あのタランティーノ大ファンらしい。
ゴローも一応見たのですが、内容をほとんど覚えておらず、チープな映像だけがゴローの頭の片隅に断片的に残ってる位。
この機会に3回くらい見て断片的な記憶を繋ぎたい!
いや、もはや記憶云々よりタイトルだけで見たい。
タイトルだけで見たいと思ったのは「リトルトーキョー殺人課」以来。
こりゃ買うしかね~な。
詳しい内容はこちらから。

ただ、これから主流がDVDからBlue Layに変わるので、永久保存版としてDVDを買うのはどうか?
でもゴロー家で再生出来るのはDVDとVHSのみ。
仮にハードが壊れたら次に買うのはBlue Layになってしまう。
そうするとDVDは?

う~んしばらく待つか。
ゴローはDVDが最後のハード規格になると読んでたんだけどな。。。。



  1. 2008-03-13(Thu) 01:47:45|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

The Warld Of GOLDEN EGGS

最近の車のCMでこんなの見つけちゃいました。
NOTE.jpg

「お!ゴールデンエッグス!」

正月にゴロー弟より「オモロイから見て!」と言われYouTubeで一緒に見、大爆笑してしまった動画です。
とりあえず別編の「Work Work Watching」から。

・Work Work Watchingその2
・Work Work Watchingその3
・Work Work Watchingその4
・Work Work Watchingその5
・Work Work Watchingその6
・Work Work Watchingその7

そして本編「The World Of GOLDEN EGGS」
(いっぱいストーリーがあるのですが、飛び飛びで集められるだけ集めてみました)
・モリモリエクササイズ
・トレンドハンティング
・ナターリア
・ナターリアの部屋
・パンジー
・レンジャーハンパねぇ
・レベッカの宿題
・愛しのチアリーダー
・世界の珍獣
・Turkey's Hill Police 24hour
・エピソード11-1

とりあえず見て下さい。
見足りない方はTUTAYAかGEOへGO!!

・「The World Of GOLEDEN EGGS」



  1. 2008-01-23(Wed) 01:19:20|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

確かにそうだ。

「コーヒーは誰かに入れてもらう方が旨い」

これは先日見た映画「かもめ食堂」でのセリフ。
フィンランドはヘルシンキで一人で食堂を営むサチエ、世界地図を指差したらフィンランドだったので彼の地にやってきたミドリ、空港で荷物が紛失し港で猫を預かり帰れなくなったマサコ。
この3人と、かもめ食堂を取り巻く人達との面白おかしい日常をのんびりと描いた作品です。
この映画、ほとんどのシーンが食堂でのシーンなのですが、それで思い出した映画が「レザボアドッグス」。
見た事ある人は知ってると思いますが、回想のシーン以外(現在進行形)は1つの部屋でのシーンだけなんです。
つまり部屋の中での2時間を映画にしてるんです。
最近では「SAW」も近いモノがありますね。

話が飛びましたが↑のセリフはよくわかります。
ゴローは趣味でお菓子をよく作るのですが、食べたくて作るくせに作ったら食べない。
嫁と娘は喜んで食べる。
ゴローはビール飲んでる。
そのくせ出かけるとケーキとか食べたがる。
やはり人に作ってもらう方が旨いんだといつも再認識してます。
それでも食べたくて色々作ってしまうんだよね~。。。

もし誰かに何か作ってもらった時「美味しい」と一言だけ言ってみて下さい。
次に作ってもらう時はもっと美味しくなってるはずです!

ま、褒めて伸ばすってやつですね。
そいえばゴローの地元にも「かもめ食堂」が実在します。。。。

休日ののんびりした午後に見る度  ★★★★★



  1. 2007-05-03(Thu) 00:46:13|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

間宮兄弟(ネタばれナシ)


映画「間宮兄弟」見ました。
原作が江國香織なので恋愛モノかな~と思ってましたがそうでもないです。
いや、別の意味で恋愛満載です。(どっちだ?)

ビール会社で商品開発の仕事をしてる兄と小学校で用務員をしている弟。
2人で一緒に暮らして、同じ趣味で楽しみ、1日の終わりは「反省会」。
そんな2人が同僚の女性教師とレンタルビデオ店のアルバイトの女の子と一緒に「カレーパーティー」をすることに。。。。
間宮兄弟の恋の行方は??

正直こんな兄弟が身近にいたらうざいと思いますが、映画見終わると「こういうのもアリだな」と羨ましくも思ったりしてきます。
かくいうゴローには1つ年の離れた弟がいます。
間宮兄弟程ではないですが、仲は良いです。
ただ連絡するのは年に1.2回位、趣味もバラバラ、物理的な距離(東京ー札幌)も離れてるので間宮兄弟とは真逆。
でも不思議なもんで、こんな兄弟でも「通じてる」的なものがあるのは感じてます。
俗にいう「身内で一番血が濃いのが兄弟(姉妹)」というのも納得ですね。

劇中で間宮兄弟を取り巻く色々な人達が変わっていく中、この兄弟だけはいつものまま。
普通の生活していく事の大切さを教えてくれてる様な気がします。

「だって間宮兄弟を見てごらんよ。いまだに一緒に遊んでんじゃん」

「間宮兄弟」見てちょっとビックリしたのは、母親役で「中島みゆき」が出てる事。
映画出てるの初めて見た。。。
あとゴローの好きな「広田レオナ」も出てます♡
遠く離れた兄弟(姉妹)の顔が浮かんできたあなたは今すぐレンタルビデオ屋へGO!

癒され度★★★★★

「間宮兄弟」HP
→リンクはこちら






  1. 2007-03-01(Thu) 00:03:34|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

よし!わかった!!


いよいよ30年の時を経て今週末公開されます!

・犬神家の一族
 →公式HPはこちら
 →予告編はこちら

犬神家に伝わる家宝「斧(よき)・琴・菊」になぞられた、遺産争いの殺人事件という内容は前作と変わらず。

ガキの頃見た記憶は今でも鮮烈に覚えとります。
松子(高峰美枝子)の「佐清(すけきよ)!頭巾を取っておやり!」というセリフ。
菊人形の上の生首。
あの有名な湖に生えた(?)2本足。
ちなみにあの2本足には意味があって、「すけきよ」が逆さまで「よきけす」、これは家宝の「斧(よき)」にかけてるそうです。(原作より)
これらインパクトのあるシーンがどのようにリメイクされてるか注目所ですな。

監督は前作同様、市川昆。
御年91歳。
金田一も前作同様、石坂浩二。
こちらも65歳。
あと「よし!解った!」の等々力署長も前作同様、加藤武。
ちょっとキツいけど気合いで「八ッ墓村」もリメイクしてくれないかな。。。

新作見てないのでなんとも言えませんが、旧作はかなりオススメです。
ビデオ屋で下手なハリウッド映画借りる位なら黙って犬神家借りなさい。
まず、明朝体のオープニングロール(っていうの?)にやられますから。。。
もちろん新作も時間があれば観に行く予定です。

ちなみに今週末は武士の一分(キムタク)や007(ジェームス・ボンド)も公開するそうです。
キムタクに負けるな!へーちゃん!(石坂浩二のあだ名)
ところで、過去色々な方が金田一耕助やってますが、

トヨエツの金田一がも一回見てぇ~!!

と思うのはゴローだけ?






  1. 2006-12-15(Fri) 02:35:56|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

SINCITY


たまには映画でも、ということで最近見たのが

「シンシティ」
監督・脚本:ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー 
特別監督:クエンティン・タランティーノ 
出演:ブルー ス・ウィリス ミッキー・ローク クライブ・オーエン ジェシカ・アルバ ベニチオ・デル・トロ イライジャ・ウッド ブリタニー・マーフィ ジョシュ・ ハートネット デボン青木('05米/ギャガ)124分


3話のオムニバスで、愛の為に命をかけて闘う3人の男達の物語。
というとカッコいいですが、内容はアクション満載でかなりエグイ。
タランティーノが手を加えているだけあって「パルプフィクション」「キルビル」を彷彿させるシーンが随所にあります。
特に注目のキャラは↑の殺人マシン・ケヴィン(イライジャ・ウッド)
もう、フロド(ロード・オブ・ザリング)じゃないです。
足音立てずに忍び寄り、尖った爪で切り裂く。
おまけに人肉喰らうという変態ぶり。
フロド、新境地開拓か?

後はこの方

人間兵器ミホ(デヴォン青木)。
卍手裏剣を投げ2本の刀で斬りまくり!
本作でゴローの一番お気に入りのキャラです。
本人は日系2世のモデル。
オリエンタルな顔がキュートdeグーよ!
タランティーノはこういうキャラ使うの多いね。

このシンシティ、2作目3作目と製作中で、3作目は↑のミホが主役?という噂も。

コミックが原作という事もあって、かなりありえん内容になってますが、無茶苦茶な設定とスピード感ある展開、モノクロ(主要な色以外は全部。血も白)独自の描写も新鮮で、なかなか楽しめます。
3話とも同じシンシティの中の出来事なんだけど、3話とも内容がシンクロしてないんです。
これがシンクロした内容なら別の面白さがあったかもね。

これで、ロバート・ロドリゲスはもう「ミクロキッズ」には戻れんね。

オススメ度★★★★★(タランティーノ、パルプフィクション好きなら)


  1. 2006-09-06(Wed) 01:17:20|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

嫌われ松子の一生


2006年/日本
監督/中島哲也(下妻物語)
主演/中谷美紀・瑛太・伊勢谷友介・柄本明他

久しぶりにスクリーンで映画観たよ。
以前からこの映画気になってたんです。
そんな時、ひょんな事から嫁に「観たいね」と言われ、
サイパンダさんより「すっごくイイ!」とオススメを受け、
タイムリーに「下妻物語」を観てしまい、

「も~観るしかね~!!」

これからご覧になる方もいらっしゃいますし、感想のみ。
凄く悲惨な一生なんです<松子。でもそんな感じに思えない位明るくポップなミュージカル風な作品です。
展開もスピーディーで飽きないで観る事ができます。
(上映時間130分)
あ、あとね中谷美紀ちゃん可愛いです!演技もGOODです!
「ケイゾク」も良かったけどこっちもいいね。
歌も上手です。(CD何枚も出してます)
映画観ればきっと中谷美紀ちゃんが好きなります。
(五郎もますます好きになりました)

しかし、五郎がこの映画で最も注目したのはチョイ役で色々な役者が出てるとこ。
元々いっぱい出てるのですが、更に細かいとこまで観ると・・・
蒼井そら(グラビア、AVで有名ですね)
濱田マリ(松子が劇中でやる「変な顔」彼女に似てます)
あき竹城(知ってる人いますか?五郎はあの「なまり」が大好きです)
片平なぎさ(火サスのテーマソングも一緒に登場)
どこで出てくるかは観てのお楽しみ。

本作のNo.1キャラはゴリ演じる「大倉」でしょう!!
あと谷中敦(スカパラ)かっこええわ!個人的には冷牟田竜之(同じスカパラだけど出演はしてません)の方が好きだけど・・

ダ・ヴィンチコード観ようとしてるあなた!この作品もいいですよ~!!!!!

☆嫌われ松子の一生オフィシャルサイト☆

※中谷美紀ちゃんって元々アイドル出身だって知ってた?※

オススメ度★★★★★


  1. 2006-06-07(Wed) 01:21:59|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 5

アフロサッカー


2004年 タイ
面白そうな映画を見つけました。
「アフロサッカー」
内容は↑こちらで。

W杯イヤーだからか、この手の映画は(他にGOAL!も公開中)目立ちますね。
前回の日・韓W杯の時は少林サッカー観に行きました。
見終わって帰ろうとした時、佐藤B作さんも観賞してたのか館内でばったり遭遇。
TVで見たそのまんま。しかも意外と小さい人でしたよ。>B作
少林サッカー観賞以降嫁と2人で映画に行ってません。

久しぶりに嫁と2人で見に行こうかな。。。

6月24日より銀座シネパレスにてKICK OFF!!


  1. 2006-05-28(Sun) 01:20:29|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 4

キッズ・アー・オールライト


1979 アメリカ
監督 ジェフ・スタイン

出演 ロジャー・ダルトリー(The Who)
   ジョン・エントウィッスル(The Who)
   キース・ムーン(The Who)
   ピート・タウンゼント(The Who)
   リンゴ・スター(The Beatles)
   キース・リチャーズ (The Rollingstones)

今日ですね「阪神vs巨人」戦観ようとTVちゃんねるを変えてたら
何やら聴いた事のある曲と共に、古くさいライブ映像。
新聞でチェックしたら映画のタイトルとザ・フーの文字が・・

実はThe Whoはほとんど聴いた事ないんですが
映画のタイトルはどこかで聞いた事があり、思わず観てしまいました。
んで感想。

The Whoヤベ~~よ!!
すげ~いい。
何で今迄30数年聴かなかったんだろ。。。

ま、内容はというと
The Whoのドキュメントなんだけど
ほとんどライヴ映像、んで時々インタヴューって感じ。
映像観て初めて知ったのですが、
The Whoってステージ激しいんですね(特に最後)
楽器を粉々になるまで
床に、
叩き付ける!!
叩き付ける!!
このシーンだけでも見る価値アリてす!

ウッドストックの映像(貴重らしい)もあるらしいが気付かなかった。
ちなみにリンゴとキースは一瞬しか出ませんw

The Who聴きながらカレーをつまみにBEER。
いいですね。

イギリスのグループなのにアメリカ映画?

オススメ度★★★★★




  1. 2006-05-03(Wed) 00:54:53|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 5

Into The Sun


スティーヴン・セガール好きなんです♡
何が好きって、
あの「セガール拳」とまで言われたあのインチキ臭いカンフー(?)

この映画の内容に関しては「イントゥザサン」ググってみて下さい。
なので五郎の感想のみ。

・トラヴィス(セガール)の設定。
 東京で日本刀の店を関西弁を喋りながら営業する元CIAらしいが
「う~~ん。。ちょっと無理有り過ぎじゃね~?」
・セガールの日本語のセリフ。
「声が小さくて聞き取れん!」
・ヤクザの親分役に大沢たかお(広瀬香美の旦那)
「ほんとにセカチュウのあの人?」
 オールバックでチンビラ風。変な色のスーツをピタピタに着こなし、
 気に入らなければ部下も平気で殺す。
 作中で随所で英語を喋るのだが、微妙に上手。
 結構いい役。

他にも、なぜかコロッケが野口五郎のモノマネしていてその横にhitomiらしき人物がいたり、ヤクザがガメラの映画見てたり、指切り有り、ゲイシャ有りetc・・

映画自体はそこそこ面白いです。
「ブラックレイン」と「キルビル」を足して割った様な感じかな。
ただ「セガール拳」は他のセガール作品より少ないです。
ちょっと変わった映画を見たい方にはオススメです!

最後に劇中でセガールが言った変な日本語。
『今日ハネ~~、コノ刀使ウヨ~~。人斬ルヨ~~。』
ははは。。セガール最高!

オススメ度★★★★☆





  1. 2006-04-15(Sat) 02:19:20|
  2. MOVIE|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 2

CALENDER

05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません。

バックナンバー

Profile

ヨコヤマ五郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。